扼する(読み)ヤクスル

デジタル大辞泉の解説

やく・する【×扼する】

[動サ変][文]やく・す[サ変]
強く押さえる。締めつける。
「ランスロットは腕を―・して」〈漱石・薤露行〉
要所を占める。
「二隊の兵を随えて大和橋を―・して」〈鴎外大塩平八郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくする【扼する】

動サ変 [文] サ変 やく・す
押さえつける。締めつける。 腕を-・する
重要な地点を支配下におく。 橋を-・する
[慣用] 咽喉いんこうを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android