扼する(読み)ヤクスル

デジタル大辞泉の解説

やく・する【×扼する】

[動サ変][文]やく・す[サ変]
強く押さえる。締めつける。
「ランスロットは腕を―・して」〈漱石・薤露行〉
要所を占める。
「二隊の兵を随えて大和橋を―・して」〈鴎外大塩平八郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくする【扼する】

( 動サ変 ) [文] サ変 やく・す
押さえつける。締めつける。 「腕を-・する」
重要な地点を支配下におく。 「橋を-・する」
[慣用] 咽喉いんこうを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android