コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課業 かぎょうtask

翻訳|task

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

課業
かぎょう
task

労働者が一定時間内になし終えるべき標準作業量。 F. W.テーラー科学的管理法以前は,この業が経験のみに頼る非科学的方法で設定されたので,この課業設定あるいはこれが大きな影響を与える賃率設定をめぐって労使間の紛争が絶えなかった。テーラーは,目の子算的課業設定が引起した経営者側の賃率切下げと,それに対処する労働者側の組織的怠業というこの労使問題を解決するために,時間研究によって作業に要する時間を測定し,科学的に標準作業量すなわち課業を設定する方法を考案した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐ぎょう〔クワゲフ〕【課業】

なすべきものとして割り当てられた仕事や学業。「学校の課業

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かぎょう【課業 task】

労働者が一定時間内に遂行すべき標準作業量のことで,タスクまたはノルマとも呼ばれる。ただしロシア語のノルマnormaは,社会主義企業において労働者に課せられる標準作業量が本来の意味である。課業は,合理的な生産管理および労務管理を行うための最も基本的かつ重要な情報の一つであり,課業の合理的な設定は生産管理,労務管理の不可欠の前提である。今日では課業は,通常,作業についての動作研究と時間研究によって,次のように科学的に設定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かぎょう【課業】

(学校などで)課された学科や業務。
一定時間に割り当てられた仕事量。ノルマ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の課業の言及

【科学的管理法】より

…その結果,労使の対立が激化・拡大した。テーラーの方法は,労使双方が合意できる方法で賃率を定めようとしたもので,科学的手法により作業を分析し,〈公正な1日の作業量である課業task〉を設定,賃率の基礎としようとした。テーラーの課業=目標の設定手法は,作業を要素作業に分割し,おのおのの作業時間をストップウォッチで測定し標準化したのち,合計して一定の余裕率を乗じて標準時間とするものであった。…

【経営・経営管理】より


[科学的管理]
 その一環に先述のF.W.テーラーがいた。彼は1903年発表の《工場管理》で,工場管理の課題を低労務費・高賃金の実現に求め,1日の作業量=課業taskを動作研究・時間研究によって科学的に算出し,課業達成者には高賃率の賃金,そうでない者には低賃率の賃金を与えるという提案を行った。この場合の課業は,中心的な作業それぞれについて熟練労働者を5~6人から7~8人集めて作業を行わせ,動作研究を通して最速最適な動作のつながりをそのなかから発見し,これを標準的な仕事のやり方として確定する。…

※「課業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

課業の関連キーワードテーラー(Frederick Winslow Taylor)仰・凝・尭・形・暁・曉・業・行・驍レッスン [Lesson]テーラー・システムテーラーシステムレクリエーション引ける・退ける引け時・退け時アサインメント差別出来高給制職務権限規定組織動態化現場監督者集団行動職務拡大佐藤一斎夏期学校職務設計有吉蔵器組織形態

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課業の関連情報