技能実習制度(読み)ぎのうじっしゅうせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技能実習制度
ぎのうじっしゅうせいど

外国人労働力の導入にからんだ制度で,1993年4月から実施されている。外国人労働力の導入の方法として,日本の企業,公的機関は研修生という形をとるケースが多い。 82年の改正入国管理法で,研修生としての在留資格が認められた。単純労働分野の外国人就労は禁じられているが,労働力不足や低賃金労働力確保のため,この制度を利用して外国人研修生を受入れている企業は多い。この技能実習制度は研修が終ったあとに1~2年の就労を認めた制度であるが,研修,実習という名目での外国人労働力の導入方法としての色彩が強い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

技能実習制度

開発途上国の「人づくり」に協力する目的で、最長3年まで外国人を受け入れる制度。実習生には労働基準法などが適用される。2015年は約19万人の技能実習生が滞在。近年ベトナムが急増し、12年の1万6千人から、15年には5万7千人を超えた。実習受け入れを支援する国の外郭団体国際研修協力機構」の速報では今年1~5月、申請書を事前点検した数は、ベトナムが8420人で中国の7815人を抜いた。

(2016-10-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

技能実習制度

開発途上国の「人づくり」に協力する目的で、最長3年まで外国人を受け入れる制度。実習生には労働基準法などが適用される。2015年は約19万人の技能実習生が滞在。長年、中国が最多だったが、近年ベトナムが急増し、12年の1万6千人から、15年には5万7千人を超えた。

(2016-11-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技能実習制度の関連情報