研修生(読み)ケンシュウセイ

デジタル大辞泉の解説

けんしゅう‐せい〔ケンシウ‐〕【研修生】

入国管理法における外国人の在留資格の一つ。企業や農家などで生産活動に従事しながら技術・技能・知識を身につける。日本で学んだ技術を本国で活用するために研修することが目的であるため、就労は認められない。在留期間は最長1年。一定水準の技術を身につけ、在留状況が良好であれば、さらに最長2年間、技能実習生として在留できる。→外国人研修・技能実習制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

研修生の関連情報