コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄/鈔 ショウ

2件 の用語解説(抄/鈔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セウ〕【抄/×鈔】

長い文章などの一部を書き出すこと。また、そのもの。ぬきがき。「徒然草―」
古典などの難解な語句を抜き出して注釈すること。また、その書物。「湖月―」「毛詩―」
尺貫法の容積の単位。1抄は1勺の10分の1。約1.8ミリリットル。→1

しょう【抄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉) [訓]すくう すく
すくい取る。かすめ取る。「抄掠(しょうりゃく)
書き写す。「手抄
抜き書きする。抜き書き。「抄出抄本抄訳抄録詩抄
注釈書。「抄物(しょうもの)
紙をすく。「抄紙抄造
[補説]14は「」と通用する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone