コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄/鈔 ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セウ〕【抄/×鈔】

長い文章などの一部を書き出すこと。また、そのもの。ぬきがき。「徒然草―」
古典などの難解な語句を抜き出して注釈すること。また、その書物。「湖月―」「毛詩―」
尺貫法の容積の単位。1抄は1の10分の1。約1.8ミリリットル。→1

しょう【抄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉) [訓]すくう すく
すくい取る。かすめ取る。「抄掠(しょうりゃく)
書き写す。「手抄
抜き書きする。抜き書き。「抄出抄本抄訳抄録詩抄
注釈書。「抄物(しょうもの)
紙をすく。「抄紙抄造
[補説]14は「」と通用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抄/鈔の関連キーワード伊呂波字類抄ぬみぐすりお琴と佐助万葉集註釈加藤盤斎紙すき機抄紙機械俊頼髄脳北村季吟四家髄脳冠・鶏冠松の蘿布穀鳥にわそ古事談しょう尿の箱地錦抄覚禅抄編年体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android