コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄/鈔 ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セウ〕【抄/×鈔】

長い文章などの一部を書き出すこと。また、そのもの。ぬきがき。「徒然草―」
古典などの難解な語句を抜き出して注釈すること。また、その書物。「湖月―」「毛詩―」
尺貫法の容積の単位。1抄は1の10分の1。約1.8ミリリットル。→1

しょう【抄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉) [訓]すくう すく
すくい取る。かすめ取る。「抄掠(しょうりゃく)
書き写す。「手抄
抜き書きする。抜き書き。「抄出抄本抄訳抄録詩抄
注釈書。「抄物(しょうもの)
紙をすく。「抄紙抄造
[補説]14は「」と通用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

抄/鈔の関連キーワード伊呂波字類抄紙すき機冠・鶏冠松の蘿槻の木ショウ細鱗魚尿の箱顕秘抄しょう和名抄布穀鳥蘿藦羊蹄鼯鼠渋草薺蒿噦り抄物樹蜂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android