コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗うつ薬

栄養・生化学辞典の解説

抗うつ薬

 うつ病の治療薬で,精神賦活剤の一種

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

抗うつ薬

SSRIなど副作用の比較的少ない新しいタイプの抗うつ薬が承認され、軽症患者にも多く使われるようになった。古いタイプの抗うつ薬は、立ちくらみや動悸(どうき)など副作用も強かった。一方、安易に薬に頼ったり、複数の抗うつ薬を過剰に使ったりする治療も心配されている。

(2013-03-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抗うつ薬
こううつやく

抑うつ気分や意欲低下など、うつ的症状の改善を図る目的で開発された薬剤の総称。広義には感情調整薬の一つとされる。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬などに大別される。
 これらの多くは、うつ病を発症する原因が脳内のセロトニン(5-ヒドロキシトリプタミン)とノルアドレナリン(ノルエピネフリン)などのモノアミン性神経伝達物質の減少によるとする、モノアミン仮説に基づいて開発された。抗うつ薬の作用機序は、セロトニンやノルアドレナリンなどの特定部位(セロトニントランスポーター)に選択的に作用し、セロトニンの神経終末への再取り込みを阻害し、シナプス内の神経伝達物質の濃度を高める。しかし、この仮説とは異なる事実もある。また、うつ病患者は、神経伝達物質の受け皿である受容体数が増加していることも明らかになっている。
 三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬はモノアミン再取り込み阻害作用をもち、ノルアドレナリンの活性を高めてうつ症状を改善する。三環系抗うつ薬の代表的薬剤がイミプラミンで、効き目も強いが口渇や尿閉などの抗コリン作用のほか心毒性などの副作用を伴う。そのため、より副作用の少ないミアンセリンやマプロチリンなどの四環系抗うつ薬および異環系の抗うつ薬が開発された。三環系や四環系とは、その化学構造から亀の甲の環を三つもつものと四つもつものという意味である。
 選択的にセロトニンの再取り込みを阻害し、抗コリン作用および心毒性などの副作用のないSSRIの代表的薬剤が、フルボキサミンやパロキセチンおよびセルトラリンである。また、セロトニンとノルアドレナリンの両方の再取り込みを阻害するSNRIの代表にミルナシプランなどがある。さらに、セロトニンとノルアドレナリンの神経伝達を強めるNaSSAには、ミルタザピンがある。抗うつ薬の服用には速効性がなく、効果が得られるのに2週間以上を必要とするが、SSRI、SNRIやNaSSAは比較的早く既存薬と同じ抗うつ効果が得られ、吐き気などの消化器系の副作用は伴うものの全般に副作用は少なく、必要量を必要なあいだ服用することが可能である。ほかに、これらとは化学構造の異なるトラゾドンやスルピリドなども抗うつ薬として認可されている。
 また、モノアミン酸化酵素(MAO)のうちA型は、セロトニンとノルアドレナリンとの親和性が高く、そのためMAO阻害薬が初期に抗うつ薬として開発されたが、副作用が強いこともあって現在では使用できるものがない。
 なお、うつ病の症状が残っている状態で症状がぶり返すことを再燃とよび、寛解してふたたび発症することを再発とよぶが、抗うつ薬は急性期の治療以外に、再燃・再発防止の目的で、半年を目安に続ける持続療法や、再発リスクの高い患者にさらに長期にわたって行う維持療法にも用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抗うつ薬の関連キーワード子どもの睡眠中におこる障害(睡眠随伴症)薬物乱用による心の病気(薬物依存)老化にともなう消化器の病気と症状不安障害(不安神経症/恐怖症)睡眠時随伴症(パラソムニア)上腹部不定愁訴(NUD)強迫性障害(強迫神経症)過眠症/ナルコレプシー気分障害(躁うつ病)製薬の2010年問題注意欠陥・多動性障害睡眠時無呼吸症候群向精神薬のいろいろ尿失禁とその対策子どもの躁うつ病夜尿/遺尿/遺糞脳血管性認知症慢性疲労症候群神経障害性疼痛グリーンガード

抗うつ薬の関連情報