コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酒薬(嫌酒薬) こうしゅやくけんしゅやく

1件 の用語解説(抗酒薬(嫌酒薬)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうしゅやくけんしゅやく【抗酒薬(嫌酒薬)】

 おもに肝臓にあるアルデヒド脱水素酵素(だっすいそこうそ)という酵素のはたらきを阻害する薬物です。これを飲んだ後にアルコールも飲むと、アルコールの代謝産物であるアルデヒドの体内濃度が高まって悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、発汗、冷や汗など不快な症状が出現するので、アルコール依存者にこれを使用して断酒(だんしゅ)の一助とします。ただし、これさえ飲めば依存症が治る、というわけではありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

抗酒薬(嫌酒薬)の関連キーワードアルコール脱水素酵素酢酸発酵デヒドロゲナーゼアシルCoA脱水素酵素アルコールデヒドロゲナーゼイソ吉草酸CoA脱水素酵素グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素コハク酸脱水素酵素アセトアルデヒド脱水酵素ALDH

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone