コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗鬱剤 こううつざい

百科事典マイペディアの解説

抗鬱剤【こううつざい】

鬱(うつ)病などの治療薬のこと。日本で一般的に使われているのは三環系抗鬱薬という種類で,暗い気分や強い不安感を軽減する目的でつくられている。これに対して,1987年に米国のイーライリリー社から発売されたプロザック(薬剤名はフルオキセチン)は,鬱病の治療だけでなく,病気でない人が服用しても自信が高まったり,積極的な性格になるといった効能もあることで,一般的な抗鬱剤とは大きく異なる。
→関連項目摂食障害

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

抗鬱剤の関連キーワード性的欲求低下障害神経伝達物質パニック障害薬物心理学セロトニン強迫神経症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗鬱剤の関連情報