鬱病(読み)ウツビョウ

デジタル大辞泉の解説

うつ‐びょう〔‐ビヤウ〕【鬱病】

憂鬱な気分が毎日続き、興味や喜びが感じられなくなる精神疾患気分障害の一つ。不眠や過眠、食欲不振や過食、頭痛、倦怠感(けんたいかん)などの身体症状を伴い、病状が進行すると、自分には価値がないと感じたり罪悪感をもつようになり、自殺を考えることもある。抑鬱症孤立の病。大うつ病性障害。
[補説]広義には気分変調症持続性抑鬱障害)なども含まれる。また、双極性障害躁鬱病)の鬱の病相をいうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鬱病【うつびょう】

抑鬱症とも。躁鬱(そううつ)病の鬱状態に似ているが,1回以上鬱病を経験したのち,躁状態にならない場合をいう。心理的な原因がわかる場合を神経性鬱病,原因のわからない場合を内因性鬱病といい,感情の憂鬱と意欲の抑制を主柱とする。感情の点では気分沈滞,不安,厭世(えんせい),自己卑下感など,意欲と行動の点では決断実行の不能,抑制されて苦しむという状態など,思考の点では思考渋滞し,話のまとまりが少ないなどの症状が認められる。憂鬱感は午前中にひどく,午後から夕方にかけて軽快するという日内変動が特徴の一つで,そのほか罪業感・罪責感や自殺志向,妄想などがあり,身体的にも不眠,食欲不振,便秘,月経不順などがある。精神症状が現れず,もっぱら身体症状だけを訴えるものを仮面鬱病という。経過は数週間から数ヵ月で寛解するが数年にわたるものもある。なお45歳以降に初発し苦悶(くもん)性興奮を特徴とするものを特に初老期(退行性)鬱病と呼んでいる。
→関連項目育児ノイローゼ緘黙症気分障害境界例化粧療法抗鬱剤行動療法サンドイッチ症候群持続睡眠療法躁病電気ショック療法パニック障害マタニティ・ブルーメランコリー離人症ロボトミー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつ‐びょう ‥ビャウ【鬱病】

〘名〙 躁鬱病の一つの型で、躁状態がないもの。憂うつになり、食欲もなく口数も少なく、外に出たがらない。自殺を企てることもある。メランコリー。抑うつ症。気鬱症。憂鬱症。⇔躁病
※随筆・耳嚢(1784‐1814)四「程なく鬱病を生じ、又々煩ひけるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鬱病の言及

【仮面鬱病】より

…内因性鬱病には違いないが,抑鬱気分や制止などの定型的な抑鬱症状が目立たず,身体的な症状の仮面をつけている鬱病のこと。1958年,精神医学者クラールV.A.Kralの命名による。…

【感情】より

感情論【木田 元】
[感情障害]
 感情障害は正常な範囲の感情変化のほかさまざまな精神疾患に見いだされる。鬱(うつ)病では生命の流れが遅滞し,そのために抑制と同時に悲哀感が,躁病では生命の流れが促進し,行動促迫と同時に生命感情の高揚が生ずるのが特徴的である。鬱病では無力感,自信喪失感,絶望感から,自殺観念,鬱病の三大妄想である心気,貧困,罪業妄想が発展し,躁病では自我感情の高揚感,万能感から誇大妄想が発達し,社会的逸脱行為に走る。…

【感情】より

感情論【木田 元】
[感情障害]
 感情障害は正常な範囲の感情変化のほかさまざまな精神疾患に見いだされる。鬱(うつ)病では生命の流れが遅滞し,そのために抑制と同時に悲哀感が,躁病では生命の流れが促進し,行動促迫と同時に生命感情の高揚が生ずるのが特徴的である。鬱病では無力感,自信喪失感,絶望感から,自殺観念,鬱病の三大妄想である心気,貧困,罪業妄想が発展し,躁病では自我感情の高揚感,万能感から誇大妄想が発達し,社会的逸脱行為に走る。…

【自殺】より

…自殺そのものが遺伝するとはまず考えられないが,自殺を生じやすい精神病(たとえば鬱(うつ)病や精神分裂病など)や異常性格の遺伝的要因は考えられることである。自殺者多発家系の存在も決してまれではなく,鬱病,精神分裂病,異常性格,敏感関係妄想(内気で対人関係に敏感な性格の持主が,困難な社会的状況に置かれたときに抱く種々な妄想)などでは,一般社会人に比べて自殺頻度が高く,なかでも鬱病は自殺の主役である。これらの病気の多くは思春期に好発するが,例外として老年痴呆(初期に自殺が多い)やアルコール中毒などがある。…

【躁鬱病】より

…二大内因性精神病の一つ。躁鬱病が精神分裂病とともに精神病の一つとして医学的に位置づけられたのは,19世紀末ドイツの精神医学者クレペリンによってであった。彼はフランスの学者ファルレJ.P.Falretの循環精神病,バイヤルジェJ.Baillargerの重複型精神病の後を受け,〈躁〉と〈鬱〉との気分の周期的変動を繰り返すが人格崩壊を起こさない精神病を躁鬱病と呼んだ。…

【体液】より

…しかし,20歳を越すと,脈管には豊富な血液が充満するから,粘液の流入が生じにくく,したがって,発作はまれにしか起こらなくなるとされた(ヒッポクラテス《神聖病論》)。また,今日の鬱病(うつびよう)にあたるメランコリアmelancholiaが体内の黒胆汁の過剰から起こり,その名も,ギリシア語のメランmelas(黒い)+コレcholē(胆汁)に由来することなどはよく知られている(メランコリー)。体液は,そのどれが優勢であるかによって,個人の心的特性を類型化する基準にもなり,ここから有名な四つの気質,すなわち,粘液質,血液質(または多血質),黒胆汁質,胆汁質ができあがった。…

【メランコリー】より

…人間の基本的な感情の一種で,日本語でいえば〈憂鬱(ゆううつ)〉または〈悲哀〉にあたる。もとは古代ギリシア・ローマで医学用語として使われたのが始まりで,この伝統は二千数百年後の今日も精神医学の分野でなお受け継がれており,その限りでは〈鬱病〉というふうに意味がせばまる。ギリシア語のメライナmelainaまたはメランmelan(黒い)とコレcholē(胆汁)の合成からなることでもわかるように,体液のなかで黒胆汁が過剰になるのがこの病で,ギリシア語ではメランコリアmelancholiaと呼ばれた。…

※「鬱病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬱病の関連情報