コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗加熱 ていこうかねつresistance heating

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうかねつ【抵抗加熱 resistance heating】

電源につながれた導体の発生するジュール熱を利用した電気加熱の一方式。安価な鉄クロム線を発熱体とする電気こんろや陶器の絵付窯はその例である。金属発熱体としてニクロム(加熱温度800℃以下),モリブデンタングステン(3000℃以下)を,非金属発熱体(1000℃以上の高温加熱用)として炭素,炭化ケイ素カンタルなどを,耐火煉瓦の炉内壁面に設置する抵抗炉構成とする。溶融させた塩に被熱物をつける塩溶炉もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抵抗加熱
ていこうかねつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の抵抗加熱の言及

【電気加熱】より

… 発熱原理に基づき加熱方式を5分類する。(1)電源につないだ発熱体と呼ばれる導体のジュール効果を利用する抵抗加熱。被熱物へ放射,伝導,対流によって熱が伝えられる間接抵抗加熱,被熱物が直接発熱体となる直接抵抗加熱とに区別する。…

※「抵抗加熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抵抗加熱の関連キーワード間接抵抗加熱炉直接抵抗加熱炉電子ビーム蒸着引上げ法物理蒸着真空蒸着電気炉蒸着法加熱炉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android