コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抵抗加熱 ていこうかねつ resistance heating

2件 の用語解説(抵抗加熱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうかねつ【抵抗加熱 resistance heating】

電源につながれた導体の発生するジュール熱を利用した電気加熱の一方式。安価な鉄クロム線を発熱体とする電気こんろや陶器の絵付窯はその例である。金属発熱体としてニクロム(加熱温度800℃以下),モリブデンタングステン(3000℃以下)を,非金属発熱体(1000℃以上の高温加熱用)として炭素,炭化ケイ素カンタルなどを,耐火煉瓦の炉内壁面に設置する抵抗炉構成とする。溶融させた塩に被熱物をつける塩溶炉もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の抵抗加熱の言及

【電気加熱】より

… 発熱原理に基づき加熱方式を5分類する。(1)電源につないだ発熱体と呼ばれる導体のジュール効果を利用する抵抗加熱。被熱物へ放射,伝導,対流によって熱が伝えられる間接抵抗加熱,被熱物が直接発熱体となる直接抵抗加熱とに区別する。…

※「抵抗加熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

抵抗加熱の関連キーワード渦電流ジュール熱ジュールの法則セルジューク朝電熱トムソン効果プール熱術無い繋囚ジュール加熱解凍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone