コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押型文(読み)おしがたもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押型文
おしがたもん

縄文土器文様の一種。幾何学型の文様を彫刻した丸い棒を土器面上に回転させてつくりだす。山形を連続させた山形文,円形または楕円文,格子目文,市松文などの種類がある。縄文時代の早期中頃に出現し,特に関東以西に隆盛をみた。また北海道には,これと系統も異なり時代も前期にまで下ると考えられる押型文土器がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android