コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押型文 おしがたもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押型文
おしがたもん

縄文土器文様の一種。幾何学型の文様を彫刻した丸い棒を土器面上に回転させてつくりだす。山形を連続させた山形文,円形または楕円文,格子目文,市松文などの種類がある。縄文時代の早期中頃に出現し,特に関東以西に隆盛をみた。また北海道には,これと系統も異なり時代も前期にまで下ると考えられる押型文土器がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

押型文の関連キーワードテーラ・シギラタ上黒岩岩陰遺跡泉福寺洞穴遺跡不動ガ岩屋洞窟北白川遺跡群小瀬ヶ沢洞穴小瀬ガ沢洞窟寺師 見国ひじ山遺跡岩井堂洞窟東釧路貝塚高山寺貝塚隆線文土器温根沼遺跡早水台遺跡欽古堂亀祐泉福寺洞穴北代遺跡福井岩陰直坂遺跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android