市松文(読み)いちまつもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市松文
いちまつもん

文様の一種。石畳文 (いしだたみもん) ともいう。白と黒などの濃淡の異なる同じ大きさの正方形を,1つおきに構成した文様。古くから世界各国で用いられ,日本では埴輪の人物の衣服,正倉院宝物の染織品にも用いられている。平安時代以降,公家はこの文様を霰 (あられ) 文と呼び,武家,庶民にも好んで使われ,能装束,漆工品,建築用具などにも広く用いられた。江戸時代の将軍徳川吉宗の時代に,江戸中村座の役者,佐野川市松が袴の意匠文様に使用して歓迎され,流行したところからこの名が生じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市松文の関連情報