抽水植物(読み)チュウスイショクブツ

百科事典マイペディアの解説

抽水植物【ちゅうすいしょくぶつ】

挺水植物とも。湖沼や池の水深0.5〜1.2mの浅い場所にはえる水草(すいそう)。根は水底の土壌中にあり,茎や葉の一部または大部分が空中にのびる。マコモ,ガマ,ヨシ,コウホネ,ハスなど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうすいしょくぶつ【抽水植物】

根は水底の土壌に固着するが、葉や茎の一部は水面から出て生育する植物。アシ・コウホネ・ガマなど。挺水ていすい植物。水沢植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の抽水植物の言及

【湖沼】より

…沼とは湖よりも浅く水深2m以下で,湖の中央部まで沈水植物が生育しているものをいう。沼沢は沼よりもさらに浅いもので,湖心までヨシ,ガマなど葉と茎とが水の上に突出している抽水植物が生えている。これに対し,池は一般に水深にはかかわらず,面積の小さい水塊を指すが,とくに人工的に作られたものをいうことが多い。…

【水草】より

…水生植物のことで〈みずくさ〉ともいう。植物体全体が水中にあり,根が水底についているクロモ,エビモなどの沈水植物と,ジュンサイ,ヒルムシロなどの水面に浮かぶ葉をもつ浮葉植物floating‐leaved plant,ガマ,ハスなどの葉や茎が水面上にでる抽水植物emergent plant(挺水植物ともいう),根が水底につかず,植物体全体が水面や水面下で浮遊するウキクサ,タヌキモなどの浮水植物floating plantからなる。淡水産の高等植物に限る場合と,アマモなどの海水産の高等植物や大型藻類まで含める場合がある。…

※「抽水植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android