(読み)こじれる

精選版 日本国語大辞典「拗」の解説

こじ・れる【拗】

〘自ラ下一〙 こじ・る 〘自ラ下二〙
① 気持などがすなおでなく、ひねくれる。
※やみ夜(1895)〈樋口一葉〉三「癖づきし心は組糸をときたる如く、はてもなくこぢれて」
② 話や事柄、間柄などが順調にいかないで、もつれる。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二四「あんな工合に妙にこじれて口も利かなんだのんですと」
③ 病気が順調に治らないで、悪くなって長引く。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉三「感冒(おかぜ)の一寸こぢれたのが基で敢(あへ)ない御最後でせう」
④ (動詞の連用形に付いて) その動作がうまく行なわれなくなる。しかねる。しそこなう。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四中「自己(おいら)は化下手な上に、化(ばけ)こぢれて仕舞て」

ねじけ・し ねぢけし【拗】

〘形ク〙 ねじけている。ひねくれている。
今昔(1120頃か)四「国王の心極てねぢけくて」

す・ねる【拗】

〘自ナ下一〙 す・ぬ 〘自ナ下二〙
① ひねくれて強情を張る。不平不満があってすなおに人に従わず偏屈な態度をとる。
※謡曲・鵜飼(1430頃)「あの堂へは川よりも夜な夜な光り物が上がると申すほどに心得てお泊りやれや。まづはすねた出家かな」
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)二「楽阿彌語りしが、声はうちゆがみ、すねたる調子にて」
② 特に気心の通じた男女の間で、わざとつれなくする。片意地をはる。
※俳諧・鴉鷺俳諧(1646)「盃はおもひ思はぬさしところ〈立圃〉 すねる遊女の気をせかせぶり〈宗利〉」
※驟雨(1924)〈岸田国士〉「ただ、一時の、感情のもつれ、と云ふか、云はばお互にすね合ってゐるだけの話ですな」

こじら・す【拗】

[1] 〘他サ五(四)〙
① 物事をもつれさせる。めんどうにする。また、心をひねくれさせる。ねじけさせる。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「はきはきした事の好きな私がこんなに意地をこぢらしたり」
② 病気をなおしそこねる。病気を悪くして長びかせる。
※黴(1911)〈徳田秋声〉七三「『到頭こぢらして了った』笹村は痩細った手を眺めながら、憤(じ)れったさうに呟いた」
[2] 〘他サ下二〙 ⇒こじらせる(拗)

すね【拗】

〘名〙 (動詞「すねる(拗)」の連用形名詞化)
① しつこいこと。また、よくすねる人。すねやすい人。
※浄瑠璃・公平関やぶり(1662)三「やあ御へんのすねも時によるぞ」
② 曲がりくねったりしてすなおでないこと。ねじれたりちぢれたりしていること。また、そのもの。
※浮世草子・世間妾形気(1767)四「髪の中にはすねがあるのと」

すね・い【拗】

〘形口〙 すね・し 〘形ク〙 人に従わないで、不平らしく強情をはる様子である。すねている。ひねくれている。
※羅葡日辞書(1595)「Cervix〈略〉ジャウノ コワキ モノ、sunei(スネイ) モノ」
※四座役者目録(1646‐53)上「及蓮も、能は劣りたれども、一段すねき人にて」

こじれ【拗】

〘名〙 (動詞「こじれる(拗)」の連用形の名詞化)
① もつれること。話や関係などがうまく行かず、面倒な状態になること。
(1956)〈中村真一郎〉三「男は、これ以上断るのは両親と感情的なこじれを作ることになるから、と女に頼んだ」
病状が一進一退し、治りにくくなること。

こじ・ける【拗】

〘自カ下一〙 こじ・く 〘自カ下二〙
① 物事がうまく運ばないで、もつれる。こじれる。ねじける。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「きおいがぬければ身請がこぢけて、かならず御後悔あるもの」
② 煮えそこなって生煮えになる。〔日葡辞書(1603‐04)〕

こじら・せる【拗】

〘他サ下一〙 こじら・す 〘他サ下二〙 =こじらす(拗)(一)
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉四六「些細な風邪をこじらせて肺病にならねばよいが」

こじ・く【拗】

〘自カ下二〙 ⇒こじける(拗)

こじ・る【拗】

〘自ラ下二〙 ⇒こじれる(拗)

す・ぬ【拗】

〘自ナ下二〙 ⇒すねる(拗)

すね・し【拗】

〘形ク〙 ⇒すねい(拗)

ねじ・く ねぢく【拗】

〘自カ下二〙 ⇒ねじける(拗)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android