コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拙巌 せつがん

1件 の用語解説(拙巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

拙巌 せつがん

1791-1860 江戸時代後期の僧。
寛政3年生まれ。浄土真宗本願寺派。豊前(ぶぜん)長久寺(大分県)の道隠(どうおん)にまなぶ。肥前平戸藩(長崎県)藩主松浦氏にまねかれ平戸光明寺の住職となる。詩歌,書画をよくした。万延元年6月23日死去。70歳。明治24年勧学を追贈された。豊前国東(くにさき)郡(大分県)出身。俗姓は佐々木。号は全痴(ぜんち)。著作に「真宗要義論」「国家繁昌記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

拙巌の関連キーワード市川団十郎万延真珠岩安積艮斎安積艮斎豊沢広助奴隷貿易マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone