コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拡大連座性 かくだいれんざせい

1件 の用語解説(拡大連座性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拡大連座性
かくだいれんざせい

1994年の公職選挙法改正により,選挙違反における連座性の適用対象が大幅に拡大・強化された。従来の連座制では対象が「陣営の出納責任者や総括責任者,地域主宰者,候補者の親族等」であったものが,後援会や地方支部などの組織的選挙運動管理者および秘書にまで対象が広げられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡大連座性の関連キーワード直接選挙選挙違反小選挙区選挙法中選挙区公職選挙ネット選挙法選挙権制限公職選挙法の改正選挙運動と手話通訳

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone