コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

括出 カッシュツ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐しゅつ〔クワツ‐〕【括出】

律令制で、戸籍・計帳に記載されていない者を官司が摘発して付載すること。課役を逃れる浮浪逃亡や偽籍への対策。→隠首(おんしゅ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かっしゅつ【括出】

律令制で、課役を免れ浮浪・逃亡する者を摘発し、戸籍・計帳に登録すること。 → 隠首おんしゆ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の括出の言及

【隠首・括出】より

…日本古代の律令用語。名前が戸籍計帳に登録もれになっている者が,みずから名のり出ることを隠首といい,官司の手によって摘発されることを括出という。養老令(718年完成,757年より施行)によれば,隠首や括出による籍帳上の戸口増加は,逃走中の者がそれを悔いて帰還してくる走還による人口増とともに,国司・郡司の功績とされている。…

※「括出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

括出の関連キーワードブランケット・クリアランス大岩山古墳群請負賃金制隠首・括出雲南(市)隠首・括出藤ノ木古墳立岩遺跡隠首

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android