偽籍(読み)ギセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偽籍
ぎせき

とくに古代律令(りつりょう)体制下において、戸籍や計帳の記載内容を偽って申告すること。口分田(くぶんでん)が男女を問わず班給されるのに対して、調庸が成年男子にしか課せられぬところに着目した農民の課役忌避手段の一つである。主として年齢や性別を偽るものであるが、軽微な偽籍はともかく、いかにも不自然な家族構成がみられるので、戸籍・計帳作成にあたる国の官人たちの協力や黙認がなければ、とうていとりえない手段であったといえよう。[福岡猛志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android