コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽籍 ギセキ

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐せき【偽籍】

古代、調をのがれたり口分田班給を有利にしたりするため、戸籍を偽ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偽籍
ぎせき

とくに古代律令(りつりょう)体制下において、戸籍や計帳の記載内容を偽って申告すること。口分田(くぶんでん)が男女を問わず班給されるのに対して、調庸が成年男子にしか課せられぬところに着目した農民の課役忌避手段の一つである。主として年齢や性別を偽るものであるが、軽微な偽籍はともかく、いかにも不自然な家族構成がみられるので、戸籍・計帳作成にあたる国の官人たちの協力や黙認がなければ、とうていとりえない手段であったといえよう。[福岡猛志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

偽籍の関連キーワード隠首・括出浮浪・逃亡括出

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android