コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計帳 けいちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計帳
けいちょう

(1) Ji-zhang 中国,隋,唐時代の徴税台帳。北朝の西魏に始る。均田,租調役制度による人民支配の基礎となる重要帳簿。毎年春に百戸の代表者である里正が管轄下の戸主から家族,土地などを記入した申告書を提出させ,それをもとに,県ごとに,翌年度に徴収すべき税額などを集計し,首都の度支 (財政官庁) に送る規定であった。敦煌文書中に大統 13 (547) 年,西魏のものと推定される計帳らしい残巻が見つかっている。 (2) 日本の令制の調庸賦課の台帳。大計帳大帳ともいう。戸籍とともに令制の基本的帳籍。毎年6月 30日以前に,国司は各戸主に,その戸口氏名,年齢,容貌,課・不課の別などを注記した手実 (しゅじつ。書類) を提出させ,これをまとめて,国内の人口,課口数,調庸の総数などを算出した。これを計帳といい,写しを1通作成して,1通は国におき,もう1通は大帳使に持たせて8月 30日以前に太政官に送り点検を受け,調庸の徴収台帳として6年間保存された。正倉院文書には,右京,山城,近江などの計帳の断簡 (だんかん) がある。律令政治がゆるむにつれて,その作成も忠実には行われず,10世紀中頃には戸籍によって計帳が作られるような状態になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ちょう〔‐チヤウ〕【計帳】

律令制で、調を賦課するため国ごとに毎年作成された帳簿。戸主に戸口の氏名・年齢・性別、課・不課の別などを申告させ、国司がまとめて国内の人口・調口数・調庸などを算出した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

計帳【けいちょう】

古代の人頭税の台帳。租税を集計した帳簿の意。中国では南北朝時代の戸籍制度のなかで整備され,隋唐時代には各戸の手実(しゅじつ)(申告書)を基礎に毎年作成,3年ごとの戸籍の資料とする。
→関連項目公文郷戸諸陵寮律令制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょう【計帳】


[中国]
 古代の公課徴収用文書。6世紀に西魏の蘇綽(そしやく)により整えられ,均田租調役制下に盛唐まで使用された。当時毎年末に各戸主から戸口・田土を申告する〈手実〉を提出させ,県・州でまとめそれに基づいて当年徴収すべき課役を集計して州から都の民部(戸部)に送り,度支(たくし)が全国の財政計画を作成するたてまえであった。計帳には各戸のデータと,各段階での集計の両者が含まれる。敦煌文書中に547年(大統13)と推定される計帳断巻が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいちょう【計帳】

律令制下、調・庸賦課のため毎年作成された、戸籍と並ぶ基本帳簿。戸口の口数・年齢・性別・容貌や課不課の別などを戸主に書き出させ集計・総合したもの。国司から太政官に送られた。大計帳。大帳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計帳
けいちょう

戸籍と並ぶ、律令(りつりょう)時代の民衆把握の基本台帳。各戸内の名前、性別、年齢、場合によっては容貌(ようぼう)上の特徴などを書き上げ、それによって年ごとに課口、不課口(調庸負担の有無)を確定した。戸籍の六年一造に対して毎年作成され、計帳使によって8月30日以前に太政官(だいじょうかん)に提出された。個別の人名を列記した部分(歴名(れきみょう))と、それらを集計した部分(目録)とからなり、目録の部分をとくに大帳あるいは大計帳とよんだというのが通説だが、それは目録、歴名をあわせて京進(きょうしん)された場合の呼び方であるとする説も有力である。大化改新詔が初見だが、実際に作成され始めたのは、大宝令(たいほうりょう)施行後と考えられる。[福岡猛志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の計帳の言及

【家数人馬改帳】より

…すなわち役負担可能な家(役家)と役夫の台帳である。古代の計帳の系譜を引く帳簿で,鎌倉・室町期には実施されなかったが,戦国期に入り,戦国大名は領国の総力をあげて戦う必要に迫られ,農民を単なる年貢負担者としてだけでなく,陣夫としてあるいは戦闘員として編成することが要請された。1582年(天正10)後北条氏は領内一円に人改めの令を出しているが,はたして87年村々から役に立つ者どもを動員して戦に備えた。…

【浮浪・逃亡】より

…日本古代律令体制のもとでの本籍地離脱者をさす法律用語。当時の人々は戸籍計帳に登録され,その本籍地(本貫)に居住せしめられたが,きびしい規制のもとでも,本籍地を離脱して流浪したり他所に居住したりする者があった。両者をあわせて〈浮逃〉とも略称される。…

※「計帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

計帳の関連キーワード正丁(せいてい)戸(律令制度)隠首・括出戸籍と計帳大化の改新浮浪・逃亡出雲安麻呂浮浪・逃亡寧楽遺文王朝国家朝集使班田制四度使国写田職写田勧農房戸寄口俘囚偽籍

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

計帳の関連情報