コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拮抗力 きっこうりょく countervailing power

2件 の用語解説(拮抗力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拮抗力
きっこうりょく
countervailing power

経済社会のなかに存在する経済権力に対抗し,それを相殺する権力。 J. K.ガルブレイスが名づけたもので,彼は『アメリカ資本主義』 (1952) のなかで現代資本主義経済はこのような拮抗力によって平衡が保たれているという理論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きっこうりょく【拮抗力】

ある経済権力に対抗したり、それを相殺したりする権力。労働市場における、大企業に対する労働組合など。対抗力。平衡力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拮抗力の関連キーワード国連経済社会理事会経済界ECEESCWAESCAPリベラリズム(Liberalism )経済権力経済社会評議会市場経済社会1980年代経済社会の展望と指針

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拮抗力の関連情報