拳相撲/拳角力(読み)ケンズモウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ずもう〔‐ずまふ〕【拳相撲/拳角力】

相撲に擬して、小さな土俵を設けて、行司を置き、東西に分かれてをたたかわせる遊戯。江戸中期に流行し、明治期まで行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android