コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持子 モツゴ

デジタル大辞泉の解説

もつ‐ご【持子】

コイ科の淡水魚池沼細流にすみ、全長8センチくらい。体は細長く、口は小さい。背部は黒ずむが、体側から腹部銀白色。春から夏に水草や石に産卵し、雄が卵を守る。関東以南に分布するが、東北・北海道でもみられる。いしもろこ。くちぼそ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もつご【持子】

コイ目の淡水魚。全長8センチメートルほど。体は細長い紡錘形で、やや側扁する。モロコに似るが口ひげがない。体色は黄褐色で、腹面には鈍い金属光沢がある。雀すずめ焼きにして食用にもする。全国各地と朝鮮半島・中国に分布。クチボソ。ハヤ。イシモロコ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

持子 (モツゴ)

学名:Pseudorasbora parva
動物。コイ科の淡水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

持子の関連キーワード五所川原須恵器窯跡イシモロコ五姓田芳柳クチボソ朝鮮半島黄褐色口ひげ年貢腹面体色ハヤ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android