コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指間カンジダ症 しかんかんじだしょうInterdigital Candidiasis

家庭医学館の解説

しかんかんじだしょう【指間カンジダ症 Interdigital Candidiasis】

[どんな病気か]
 文字どおり、指の股(また)の間にできる、カンジダという真菌(しんきん)による感染症です。
 水を扱うことの多い人、たとえば、家事をする女性や調理師などに多くみられ、手では中指薬指の間が赤くなり、周囲に白くふやけた皮膚がみられ、ときに軽いかゆみがあります。
 診断・治療・予防法については、ほかの皮膚カンジダ症と同じです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android