コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動覚 しんどうかく

2件 の用語解説(振動覚の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しんどうかく【振動覚】

皮膚感覚の一。触れている物の振動を感じる感覚。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんどうかく【振動覚 vibration sense】

物体の振動刺激で起こる感覚で,機械感覚の一種である。床の振動が遠い所を刺激して生じた場合には遠隔感覚として利用できるので,振動覚は多くの動物で警戒行動に利用される。例えば,走っているゴキブリは床を振動させると止まったり,飛んで逃げたりする。あるいは,昆虫類には床や植物の茎を振動させて雌雄間で交信するものもある。昆虫の振動感覚器は足にある膝下(しつか)器官である。ゴキブリの膝下器官は振動数1~4kHzの振動にひじょうに敏感で,振幅10-9cm(1.5kHz)の振動に感じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

振動覚の関連情報