コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動覚 しんどうかく

大辞林 第三版の解説

しんどうかく【振動覚】

皮膚感覚の一。触れている物の振動を感じる感覚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんどうかく【振動覚 vibration sense】

物体の振動刺激で起こる感覚で,機械感覚の一種である。床の振動が遠い所を刺激して生じた場合には遠隔感覚として利用できるので,振動覚は多くの動物で警戒行動に利用される。例えば,走っているゴキブリは床を振動させると止まったり,飛んで逃げたりする。あるいは,昆虫類には床や植物の茎を振動させて雌雄間で交信するものもある。昆虫の振動感覚器は足にある膝下(しつか)器官である。ゴキブリの膝下器官は振動数1~4kHzの振動にひじょうに敏感で,振幅10-9cm(1.5kHz)の振動に感じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

振動覚の関連キーワード家族性アミロイド・ポリニューロパシースモン(SMON)アミロイドーシス脊髄横断障害層板小体皮膚感覚知覚異常感覚障害感覚毛聴覚

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android