振起(読み)ふりおこす

精選版 日本国語大辞典「振起」の解説

ふり‐おこ・す【振起】

〘他サ五(四)〙
① 勢いよく立てる。勢いよく引き起こす。ふりたてる。
※書紀(720)神代上(丹鶴本訓)「弓彇(ゆはす)(フリヲコシ)、劔柄(たかみ)を急握(と)り堅庭(かたには)を踏(ふ)みて股(むかもも)に陥(ふみい)れ」
② (気持などを)奮い立たせる。鼓舞する。
※万葉(8C後)一七・三九六二「大夫の 心布里於許之(フリオコシ)

しん‐き【振起】

〙 ふるい起こすこと。盛んにすること。また、奮い立つこと。盛んになること。
※史記抄(1477)五「いかに頽れたる綱紀を振起せうとても」 〔桓温‐譙元彦表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「振起」の解説

しん‐き【振起】

[名](スル)奮い立つこと。奮い起こすこと。
当年の元気を再び―して、…活発に運動を試み給え」〈宙外・ありのすさび〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「振起」の解説

【振起】しんき

さかんにする。晋・桓温〔元彦()を薦むる表〕方今、六合(りくがふ)(天下)未だ康からず、豺豕(さいし)(欲深い悪虐の)路に當り、黎(ゐれい)(生き残り)偸(とうはく)にして義聲聞かず。宜しく義の徒を振し、以て遯(りうとん)の敝を(あつ)うすべし。

字通「振」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android