振起(読み)シンキ

デジタル大辞泉 「振起」の意味・読み・例文・類語

しん‐き【振起】

[名](スル)奮い立つこと。奮い起こすこと。
当年の元気を再び―して、…活発に運動を試み給え」〈宙外・ありのすさび〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「振起」の意味・読み・例文・類語

しん‐き【振起】

  1. 〘 名詞 〙 ふるい起こすこと。盛んにすること。また、奮い立つこと。盛んになること。
    1. [初出の実例]「いかに頽れたる綱紀を振起せうとても」(出典:史記抄(1477)五)
    2. [その他の文献]〔桓温‐薦譙元彦表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「振起」の読み・字形・画数・意味

【振起】しんき

さかんにする。晋・桓温〔元彦(秀)を薦むる表〕方今、六合(りくがふ)(天下)未だ康からず、豺豕(さいし)(欲深い悪虐の徒)路に當り、黎(ゐれい)(生き残り)偸(とうはく)にして義聲聞かず。宜しく義の徒を振し、以て遯(りうとん)の敝を敦(あつ)うすべし。

字通「振」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報