コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捜神後記 そうじんこうきSou-shen-hou-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捜神後記
そうじんこうき
Sou-shen-hou-ji

中国,六朝時代の文語志怪小説集。陶淵明の著といわれる。 10巻。干宝の『捜神記』のあとを継ぐ意味で書かれ,神怪,動植物などの異聞,説話 116条を記す。『隋書』経籍志に陶潜の著と記され,また巻一に『桃花源記』があるので,久しく陶淵明が著者とされてきたが,その死後の年号を記す話が含まれ,偽作とも考えられる。唐,宋代には各書目にも記録されなかったが,明代,毛晋の汲古閣で翻刻され,『津逮 (しんたい) 秘書』に収められた。『続捜神記』とも呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone