コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨目師 しゃもくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

捨目師 しゃもくし

?-? 奈良時代の伎楽面(ぎがくめん)師。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)の東大寺大仏開眼会(かいげんえ)のころ活躍。正倉院蔵の酔胡(すいこ)従2面,東大寺蔵の師子児(ししこ),呉公,太孤児3面に銘がみえる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

捨目師

生年:生没年不詳
奈良時代伎楽面作者。正倉院および東大寺にはその名が記された木彫の伎楽面が5面遺っているが,年代の記載はない。5面は正倉院蔵が酔胡従2面,東大寺蔵が師子児,呉公,太孤児の3面で,これらに認められるやや面長ながら自然な表情,およぴ卓越した技量は,東大寺大仏の開眼供養会面を制作した相(将)李魚成や基永師,延均師などと肩を並べるものがあり,同期に活躍した人物のひとりとみなされる。<参考文献>石田茂作『正倉院伎楽面の研究』,正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃもくし【捨目師】

奈良時代の伎楽面作者。生没年不詳。正倉院と東大寺にのこる奈良時代の伎楽面中5面にその名が記されている。年代は明確ではないが,その作風から,やはり752年(天平勝宝4)の大仏開眼供養会前後に活躍した作家と考えられる。将李魚成(しようりぎよせい),基永師(きえいし),延均師(えんきんし)ら,この時代を代表する作家群に伍するものであろう。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android