コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨目師 しゃもくし

3件 の用語解説(捨目師の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

捨目師 しゃもくし

?-? 奈良時代の伎楽面(ぎがくめん)師。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)の東大寺大仏開眼会(かいげんえ)のころ活躍。正倉院蔵の酔胡(すいこ)従2面,東大寺蔵の師子児(ししこ),呉公,太孤児3面に銘がみえる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

捨目師

生年:生没年不詳
奈良時代の伎楽面作者。正倉院および東大寺にはその名が記された木彫の伎楽面が5面遺っているが,年代の記載はない。5面は正倉院蔵が酔胡従2面,東大寺蔵が師子児,呉公,太孤児の3面で,これらに認められるやや面長ながら自然な表情,およぴ卓越した技量は,東大寺大仏の開眼供養会面を制作した相(将)李魚成や基永師,延均師などと肩を並べるものがあり,同期に活躍した人物のひとりとみなされる。<参考文献>石田茂作『正倉院伎楽面の研究』,正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃもくし【捨目師】

奈良時代の伎楽面作者。生没年不詳。正倉院と東大寺にのこる奈良時代の伎楽面中5面にその名が記されている。年代は明確ではないが,その作風から,やはり752年(天平勝宝4)の大仏開眼供養会前後に活躍した作家と考えられる。将李魚成(しようりぎよせい),基永師(きえいし),延均師(えんきんし)ら,この時代を代表する作家群に伍するものであろう。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

捨目師の関連キーワード伎楽面正倉院延均師大田倭麿忍坂福貴基永師財福師相李魚成相李田次麻呂善心尼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone