延均師(読み)えんきんし

朝日日本歴史人物事典の解説

延均師

生年:生没年不詳
奈良時代伎楽面作者。正倉院並びに東大寺に伝えられる伎楽面のうち11面にその名が墨書される。うちわけは,正倉院が師子児1面,酔胡従9面,東大寺が酔胡従1面で(このほか正倉院に彼の名を墨書する面袋が1点遺る),そのうち師子児面には,天平勝宝4(752)年4月9日の年記も認められ,同日催された東大寺の大仏開眼供養会に使用した面と知られる。同じく開眼供養会の面を制作した相(将)李魚成や基永師にくらべると,作風にはやや神経質とも思える独特の繊細さがうかがえる。<参考文献>石田茂作『正倉院伎楽面の研究』,正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』

(浅井和春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんきんし【延均師】

奈良時代の伎楽面作者。生没年不詳。正倉院および東大寺に伝存する伎楽面のうち11面にその名が記されている。そのなかに天平勝宝4年(752)の東大寺盧舎那仏像(大仏)開眼会の年紀を記すものがあり,このとき用いられた一群の伎楽面の制作者の一人であることがわかる。同時期に活躍した将李魚成(しようりのうおなり)や基永師にくらべ,ややおとなしい作風を示す。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android