コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捩花 ネジバナ

デジタル大辞泉の解説

ねじ‐ばな〔ねぢ‐〕【×捩花】

ラン科の多年草。草地や芝生に生え、高さ5~30センチ。広線形の葉が根もとから出る。夏、花茎に多数の桃紅色の小花が螺旋(らせん)状に並んでつく。もじずり。 夏》「―のまことねぢれてゐたるかな/時彦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねじばな【捩花】

ラン科の多年草。原野や芝生地などに多い。葉は披針形。五、六月ごろ、約15センチメートルの花茎を出し、淡紅色の小花を螺旋らせん状に密生する。モジズリ。モジバナ。ネジレバナ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

捩花 (ネジバナ・ネジレバナ)

学名:Spiranthes sinensis
植物。ラン科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

捩花の関連キーワードモジズリ披針形

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android