コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掌の襞 てのひらのひだ

1件 の用語解説(掌の襞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掌の襞
てのひらのひだ

屈曲線ともいう。指紋掌紋のような皮膚隆線とは別に,非常に目につく斜めに走っている3本のひだのこと。西洋の手相学では母指球部を囲むように走る線を生命 (活力) 線,それより指側を走る線を知能 (頭脳) 線,いちばん指側にある線を感情線という。これらは,手の屈曲運動に伴って皮膚上に彫り込まれたひだである。以上,3本の線はほとんどの人にみられるが,それとは別に中央を縦走するひだがみられることがあり,これを西洋の手相学では運命 (均衡) 線という。これらのひだは個人によって著しく類型を異にする。そのため,これまでは手相学において重視されていたが,近来,遺伝的なものと関連が強いことが観察されてきた。たとえば,知能線と感情線とがつながって1本となったものをマスカケというが,これはダウン症候群に多くみられるという。そのほか,疾病とも関係が深いとされ,人類遺伝学上重視されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone