掛矢(読み)かけや

精選版 日本国語大辞典「掛矢」の解説

かけ‐や【掛矢】

〘名〙 樫(かし)などで作った大きな木槌(きづち)を打ち込む時などに用いる。あい。かきや。
浄瑠璃・碁盤太平記(1710)「大わし文五、かけやの大づちひっさげをり立ば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の掛矢の言及

【槌】より

…頭は木製か鉄製で円筒形をなし,T字形に木柄がつくが,柄が縦方向につく砧槌(きぬたづち)や両頭の杵槌(きねづち)などもある。《和名抄》に椓撃(たくげき)(掛矢(かけや)),柊揆(さいづち)(才槌),槌(かなづち)(鉄槌)などがあり,10世紀以前に現在の槌の大部分が出そろっていたと推測される。木製頭では,破壊用の武器にも土木や建築工事にも用いる大型の掛矢,その小型の才槌などがある。…

※「掛矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android