材種(読み)ザイシュ

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐しゅ【材種】

〘名〙 木材を用途および形、寸法によって区分した種類。はじめ燃料と用材に大別し、用材はさらに素材と製材に分ける。素材は穂付け丸太、丸太、杣角(そまかく)の三種に、製材は挽角(ひきかく)、挽割、板、盤の四種に大別する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の材種の言及

【製材】より


[製材(品)]
 JASによると,製材(品)はその形状により板類,ひき角類,ひき割り類に分類される(表)。これらの形状についての製材の種類を材種という。市場には,きわめて多種類の材種が流通している。…

※「材種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android