才槌(読み)サイヅチ

デジタル大辞泉 「才槌」の意味・読み・例文・類語

さい‐づち【才×槌/木椎】

小形の木槌
才槌頭」の略。
此畜生こんちきしょう分らねえ―だな」〈円朝真景累ヶ淵
[類語](1金槌鉄槌ハンマーとんかち玄能木槌掛け矢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android