コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄能(読み)ゲンノウ

大辞林 第三版の解説

げんのう【玄能】

〔玄翁和尚が殺生石を割るのに用いたという伝説から〕
頭の両端にとがりのない金づち。大工や石工が鑿のみを叩いたり石を割るときなどに用いる。 → 金槌かなづち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の玄能の言及

【槌】より

…ものを打ちたたく工具の総称(図)。頭は木製か鉄製で円筒形をなし,T字形に木柄がつくが,柄が縦方向につく砧槌(きぬたづち)や両頭の杵槌(きねづち)などもある。《和名抄》に椓撃(たくげき)(掛矢(かけや)),柊揆(さいづち)(才槌),槌(かなづち)(鉄槌)などがあり,10世紀以前に現在の槌の大部分が出そろっていたと推測される。木製頭では,破壊用の武器にも土木や建築工事にも用いる大型の掛矢,その小型の才槌などがある。…

※「玄能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玄能の関連情報