接ぎ穂(読み)つぎほ

盆栽用語集の解説

接ぎ穂

接ぎ木を行なう際、接がれる方の木を台木、接ぐ方の木を接ぎと呼ぶ。樹勢旺盛な部分から採るのが鉄則。新しい枝や根張りになるわけだから、とにかく傷がなく、しっかりした芽を持つものを選ぶこと。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接ぎ穂の関連情報