コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接岨峡 セッソキョウ

デジタル大辞泉の解説

せっそ‐きょう〔‐ケフ〕【接岨峡】

静岡県中部、大井川上流にある峡谷。接岨湖(長島ダム)から井川ダムにかけて約13キロメートルにわたって続く渓谷。大井川の峡谷中、急流部にあるものの一つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接岨峡
せっそきょう

静岡県北部、大井川上流の峡谷。静岡市葵(あおい)区井川から榛原(はいばら)郡川根本(かわねほん)町梅地(うめじ)あたりまでの曲流の激しい渓谷である。接阻、瀬早とも書き、河床は急峻(きゅうしゅん)な山腹斜面を深くえぐり、穿入蛇行(せんにゅうだこう)とよばれる地形をつくる。大井川鉄道井川線の閑蔵(かんぞう)、尾盛(おもり)などの駅のある高位置平坦(へいたん)面はかつての河床にあたる。一帯はモミ、ツガ、カシの森林景観をもち、奥大井県立自然公園の地域である。接岨峡温泉もある。なお、大井川鉄道井川線の一部は日本で唯一のアプト式鉄道となっている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

接岨峡の関連キーワード大井川(静岡県の川)大井川鉄道本川根千頭

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接岨峡の関連情報