コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接岨峡 セッソキョウ

2件 の用語解説(接岨峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっそ‐きょう〔‐ケフ〕【接岨峡】

静岡県北部、大井川上流にある峡谷。接岨湖(長島ダム)から大井ダムにかけて約13キロメートルにわたって続く渓谷。大井川の峡谷中、最も急流部にあるものの一つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接岨峡
せっそきょう

静岡県北部、大井川上流の峡谷。静岡市葵(あおい)区井川から榛原(はいばら)郡川根本(かわねほん)町梅地(うめじ)あたりまでの曲流の激しい渓谷である。接阻、瀬早とも書き、河床は急峻(きゅうしゅん)な山腹斜面を深くえぐり、穿入蛇行(せんにゅうだこう)とよばれる地形をつくる。大井川鉄道井川線の閑蔵(かんぞう)、尾盛(おもり)などの駅のある高位置平坦(へいたん)面はかつての河床にあたる。一帯はモミ、ツガ、カシの森林景観をもち、奥大井県立自然公園の地域である。接岨峡温泉もある。なお、大井川鉄道井川線の一部は日本で唯一のアプト式鉄道となっている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接岨峡の関連キーワード大井川金谷寸又峡河津井川湖馬仙峡二口峡谷竜神峡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

接岨峡の関連情報