接足礼(読み)せっそくらい

精選版 日本国語大辞典の解説

せっそく‐らい【接足礼】

〘名〙 (「らい」は「礼」の呉音) 仏語。仏・菩薩などに対する最敬礼の形式。両足と両肘を地につけ、両手で相手の足をうけ、自らの頭を相手の足に接する作法。接足作礼、頭面接足、頂礼、五体投地ともいう。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「接足礼者雖空中、以接足礼敬。非適接也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android