液体推進剤(読み)えきたいすいしんざい(英語表記)liquid propellant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「液体推進剤」の解説

液体推進剤
えきたいすいしんざい
liquid propellant

化学ロケットの推進剤の一種で,固体推進剤に対して液体状のものの総称。過酸化水素,ニトロメタンヒドラジンなどの成分の単一な液体を触媒の作用で分解して反応を起させる1液型と,ケロシンと液体酸素,液体水素と液体酸素などのように,液体燃料と酸化剤を別のタンクに収め,燃焼室で混合・燃焼させる2液型とがある。2液型推進剤は主力エンジンに,1液型推進剤は補助動力源または姿勢制御などに多く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「液体推進剤」の解説

えきたい‐すいしんざい【液体推進剤】

液体燃料と酸化剤からなるロケットの推進剤液体水素液体酸素ケロシンと液体酸素、ヒドラジン四酸化二窒素などの組み合わせが使われている。液体推進薬。→固体推進剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android