コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き垂る カキタル

デジタル大辞泉の解説

かき‐た・る【×掻き垂る】

[動ラ四]垂れる。
「手肱(たなひぢ)に水沫(みなわ)―・り」〈祝詞・祈年祭〉
[動ラ下二]
櫛(くし)でけずって髪を垂らす。
「ま櫛もちここに―・れ」〈・三七九一〉
雨や雪が激しく降る。空が暗く曇る。
「いかで出でなむと思ほすに、雪―・れて降る」〈・真木柱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android