コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半時 ハンジ

デジタル大辞泉の解説

はん‐じ【半時】

一時(いっとき)の半分。現在の1時間ほど。はんとき。
「漢竹の横笛とり出だし、―ばかり吹きて」〈義経記・一〉

はん‐とき【半時】

一時(いっとき)の半分。現在の約1時間。
わずかの間。一刻。「半時を争う事態」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんじ【半時】

一時いつときの半分。今の約一時間。はんとき。 「身もだえ-ばかり/浮世草子・武道伝来記 6

はんとき【半時】

一時いつときの半分。現在の約一時間にあたる。
しばらく。少しの時間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

半時の関連キーワード干上がる・乾上がる・干上る・乾上るブロムジエチルアセチル尿素半時庵淡々山崎竜之介東京大空襲心謎解色糸時半・時中小半時間沈思黙考短編小説浮世草子松木淡々小半時四半時こついドル漢竹少し淡々揚げ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半時の関連情報