揚拍子(読み)あげびょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揚拍子
あげびょうし

雅楽の理論用語。高麗楽 (こまがく) において,三の鼓によって示されるリズムパターンの一つで,1小拍子 (こびょうし) を4拍に細分し,そのような小拍子2個を一連の単位とする拍子型。現行曲では,『納曾利 (なそり) 』の曲の部分に使われ,急の部分の「唐 (から) 拍子 (からひょうし) 」に対する。他の高麗楽の破の部分は,原則として「四 (よ) 拍子」。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の揚拍子の言及

【雅楽】より

…原曲は壱越調《迦陵頻(かりようびん)》の破,急)をはじめ,十数曲が行われている。
[リズム]
 雅楽曲のリズムには非拍節的なものと拍節的なものとがあり,神道系祭式芸能では前者を静(しず)拍子,後者を揚(あげ)拍子ということがある。大陸系の楽舞では,非拍節的リズムは序破急(後述)の〈序〉の部分,および〈音取(ねとり)〉,〈調子〉(〈品玄(ぼんげん)〉〈入調(にゆうぢよう)〉),〈乱声(らんじよう)〉などにみられるが,リズム型そのものを表す用語はない。…

※「揚拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android