揮発性メモリー(読み)キハツセイメモリー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

揮発性メモリー

電源を切ると、記憶した内容が消えてしまうメモリーのこと。コンピューターメインメモリーのほとんどは、このタイプのメモリーが使われている。代表的なものに、DRAMSRAMなどがある。この逆に、電源を切ってもデータが消えないメモリーを不揮発性メモリーという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内の揮発性メモリーの言及

【記憶装置】より

…たとえば,1998年現在パソコンに不可欠のフロッピーディスク装置は,書込み可能な大容量記憶装置(たとえばDVD-RAM)によって置き換えられるだろう。
【記憶装置用語集】
揮発性メモリーvolatile memory電源を切ると記憶内容が失われる記憶媒体をいう。RAMとよばれる半導体メモリーは揮発性である。…

※「揮発性メモリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報