コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺動散逸定理 ようどうさんいつていりfluctuation dissipation theorem

1件 の用語解説(揺動散逸定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揺動散逸定理
ようどうさんいつていり
fluctuation dissipation theorem

高周波磁場に対する磁化率は,磁化のゆらぎを定める相関関数との間に関係式をもつ。一般に外力とそれに対する応答との間の関係に見出される前述のような関係式をまとめた定理を揺動散逸定理という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の揺動散逸定理の言及

【ゆらぎ】より

…第1は,電気伝導,熱伝導,粘性などの非平衡系の輸送係数が,平衡系でのゆらぎで記述されるからである。これは揺動散逸定理と呼ばれ,非平衡統計力学におけるもっとも基本的な定理である。また,平衡系に時間によらない外場を加えたときの応答,例えば磁化率は磁化のゆらぎで表され,比熱はエネルギーのゆらぎで表される。…

※「揺動散逸定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone