コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揺動散逸定理 ようどうさんいつていりfluctuation dissipation theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揺動散逸定理
ようどうさんいつていり
fluctuation dissipation theorem

高周波磁場に対する磁化率は,磁化のゆらぎを定める相関関数との間に関係式をもつ。一般に外力とそれに対する応答との間の関係に見出される前述のような関係式をまとめた定理を揺動散逸定理という。 1957年に久保亮五はこの一般論を確立した。熱雑音の分野で見出された同種の関係は,初めてこの定理を導入した H.ナイキストにちなんで,ナイキストの定理とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の揺動散逸定理の言及

【ゆらぎ】より

…第1は,電気伝導,熱伝導,粘性などの非平衡系の輸送係数が,平衡系でのゆらぎで記述されるからである。これは揺動散逸定理と呼ばれ,非平衡統計力学におけるもっとも基本的な定理である。また,平衡系に時間によらない外場を加えたときの応答,例えば磁化率は磁化のゆらぎで表され,比熱はエネルギーのゆらぎで表される。…

※「揺動散逸定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

揺動散逸定理の関連キーワードブラウン運動

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android