コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保亮五 くぼりょうご

3件 の用語解説(久保亮五の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久保亮五
くぼりょうご

[生]1920.2.15. 東京
[没]1995.3.31. 東京
物理学者東京帝国大学理学部物理学科を卒業 (1941) 。東京大学助教授 (48) を経て,同教授 (54~80) 。京都大学基礎物理学研究所教授 (80~81) ,慶應義塾大学理工学部教授 (81~92) を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保亮五 くぼ-りょうご

1920-1995 昭和後期-平成時代の物理学者。
大正9年2月15日生まれ。昭和29年東大教授となり,55年京大教授,56年慶大教授。非可逆過程統計力学における線型応答理論で,44年学士院恩賜賞。48年文化勲章。57年日本学術会議会長。平成7年3月31日死去。75歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「ゴム弾性」(毎日出版文化賞)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久保亮五
くぼりょうご
(1920―1995)

物理学者。揺動散逸定理、線形応答理論を中心とする非平衡統計力学への貢献で知られる。東京生まれ。1941年(昭和16)東京帝国大学理学部物理学科卒業。同大学院、助手を経て、1948年(昭和23)同大学助教授、1954年同教授。ゴム弾性の統計力学的理論の研究(1947~1949)を進め、ついで磁気共鳴の一般論(久保‐富田理論)を仕上げた(1954)。1950年代以降、非平衡統計力学における際だった発展がみられるが、その主潮流の一つとなったのが、久保による応答関数の方法であり、その第一論文は1957年に発表された。以後、非平衡統計力学の基礎に関する研究を展開し、「久保公式」は広く知られる。1980年京都大学教授、1981年慶応大学教授。1973年文化勲章、1977年ボルツマン賞を受けた。[荒川 泓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久保亮五の言及

【統計力学】より

量子統計
[非平衡状態の統計力学]
 熱平衡状態から不可逆過程,あるいは輸送現象をも取り扱えるように統計力学を拡張することは1950年代に行われた。松原武生の温度グリーン関数法,久保亮五の線形応答理論,ボゴリューボフ=ティアブリコフの多時間グリーン関数法によって熱平衡に近い非平衡状態まで含む理論体系が確立した。このほか,森肇によりブラウン運動論の量子統計力学的公式化がなされている。…

※「久保亮五」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久保亮五の関連キーワード高木彬光伊藤冨雄大橋吉之輔小笠原貞子菊地吾郎熊田誠多賀谷真稔辻隆豊嶋一喜新島繁(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久保亮五の関連情報