揺落(読み)ようらく

精選版 日本国語大辞典「揺落」の解説

よう‐らく エウ‥【揺落】

〘名〙 秋に草木の葉がしぼみ、風でゆれおちること。
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「褰帷独坐辺亭夕、懸榻長悲揺落秋」
三国伝記(1407‐46頃か)六「城宮槐嵐に揺落し、老菊衰蘭はに蕭条せり」 〔魏文帝‐燕歌行〕

ゆり‐おと・す【揺落】

〘他サ五(四)〙 ゆりうごかしておとす。ゆすっておとす。
※古郷帰の江戸咄(1687)二「此大仏、〈〉寛永年中に大地震有て、みぐしを前へゆりをとしける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android