(読み)か

精選版 日本国語大辞典「蚊」の解説

か【蚊】

〘名〙 ハエ(双)目、カ科に属する昆虫の総称体長は五~六ミリメートルくらいで、体色は褐色または黒褐色。からだ、翅(はね)、あし、ともに細い。頭部に一対の複眼、毛状の触角および筒状にのびた口吻(こうふん)をもつ。胸部には一対の透明な翅と、三対の長いあしがあり、飛ぶときに特有の羽音をたてる。雌は口吻を人や家畜の皮膚につき刺して血を吸い、雄は植物の汁を吸う。マラリア、日本脳炎など伝染病の媒介をするものもある。幼虫は棒状ボウフラと呼ばれ、水中にすみ、夏、盛んに発生する。(さなぎ)オニボウフラと呼ばれ、コンマ形にからだが曲がり、やはり水中を泳ぐ。世界の陸地に広く分布し、日本ではハマダラカ類、イエカ類など約一〇〇種が知られている。《季・夏》
※新訳華厳経音義私記(794)「蚊蟻 上可(カ)、下音疑 訓安利乃古」
[補注]「新訳華厳経音義私記」には「蚊蚋虻蠅〈略〉上二字加安(カア)、下二字阿牟」、「金光明最勝王経音義」にも「加阿」とあり、カーと長く引いて発音したと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蚊」の解説

か【蚊】

双翅(そうし)目カ科の昆虫の総称。体や脚は細く、翅(はね)も細くて2枚あり、吻(ふん)が発達し針状。飛ぶときは毎秒2000回以上も翅を動かすため、羽音の周波数は高い。雌は人畜を刺し血を吸う。水面に産みつけた卵からかえった幼虫は水中にすみ、ぼうふらとよばれる。さなぎは勾玉(まがたま)形をしていて、鬼ぼうふらとよばれる。主に夏に成虫になる。イエカハマダラカヤブカなど種類が多く、アカイエカ日本脳炎を、ハマダラカマラリアを媒介する。 夏》「叩かれて昼の―を吐く木魚かな/漱石

ぶん【蚊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ブン(漢) [訓]
〈ブン〉昆虫の名。カ。「蚊虻(ぶんぼう)蚊雷飛蚊症
〈か〉「蚊柱家蚊
[難読]蚊帳(かや)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android