コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【蚊】

双翅(そうし)目カ科の昆虫の総称。体や脚は細く、翅(はね)も細くて2枚あり、吻(ふん)が発達し針状。飛ぶときは毎秒2000回以上も翅を動かすため、羽音の周波数は高い。雌は人畜を刺し血を吸う。水面に産みつけた卵からかえった幼虫は水中にすみ、ぼうふらとよばれる。さなぎは勾玉(まがたま)形をしていて、鬼ぼうふらとよばれる。主に夏に成虫になる。イエカハマダラカヤブカなど種類が多く、アカイエカ日本脳炎を、ハマダラカマラリアを媒介する。 夏》「叩かれて昼の―を吐く木魚かな/漱石

ぶん【蚊】[漢字項目]

常用漢字] [音]ブン(漢) [訓]
〈ブン〉昆虫の名。カ。「蚊虻(ぶんぼう)蚊雷飛蚊症
〈か〉「蚊柱家蚊
[難読]蚊帳(かや)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

か【蚊】

ハエ目カ科の昆虫の総称。体長5ミリメートル 内外。体と脚は細長く、口吻こうふんが長い。はねは二枚で細く透明。雌の成虫は人畜より吸血して痒かゆみを与え、種によってマラリア・日本脳炎などの感染症を媒介する。幼虫はボウフラ、蛹さなぎはオニボウフラと呼ばれ、池沼や水たまりで生活する。日本にはアカイエカ・シナハマダラカなど約100種がいる。 [季] 夏。 《 わが宿は-のちいさきを馳走也 /芭蕉 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蚊 (カ)

動物。カ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蚊の関連キーワード蚤の四月蚊の五月国内でのデング熱蚊の鳴くような声モスキートーンチモール糸状虫ミーバトン湖フィラリア症モスキート級マレー糸状虫西ナイル熱蚊遣り線香モスキート蚊遣り香デング熱吸血動物嘯・嘯吹蚊遣り木蚊遣り火蚊遣り蚊除け

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蚊の関連情報