コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚊柱 かばしらswarm of mosquitoes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蚊柱
かばしら
swarm of mosquitoes

カ,ガガンボユスリカなどが多数集って乱舞している状態。交尾に関係の深い行動であるが,群集中には雌がいるわけではなく,ときどき1個体ずつ飛込んできては,雄と対になって群集を離れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐ばしら【蚊柱】

夏の夕方、軒先などに、ユスリカなどが群れをなして飛び、のように見えるもの。ふつう雄からなり、雌が飛び入って交尾することが観察される。「蚊柱が立つ」 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かばしら【蚊柱】

カの仲間や他の双翅類軒下などに群れて柱状に長くのび,上下しながら飛ぶことをいう。カ科で蚊柱をつくる種類にはアカイエカ,コガタアカイエカなどが知られ,7~8月ころの夕方や朝,羽音をたてながら20~50匹,ときには数百匹の雄が群飛するところへ数匹の雌が入ってきて交尾をする。雄は雌の侵入を羽音で感知するといわれる。蚊柱をつくるカ科以外の双翅類にはユスリカ科,ガガンボダマシ科,ヒメガガンボ科などが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かばしら【蚊柱】

夏の夕暮れ、たくさんの蚊が軒下や木陰などに群がり飛び、柱のように見えるもの。交尾と関係した行動と考えられている。 [季] 夏。 「 -が立つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蚊柱
かばしら

昆虫類のカ、ユスリカ、ヌカカ、ガガンボなど双翅(そうし)目長角群の昆虫が、上下左右に飛びながら柱状に群集する現象をいう。蚊柱は全体として上下に移動するが、地上にある突起物や周囲と色の違う紋様を中心にその上方でつくられ、木の梢(こずえ)の上、枝先の下でみられることもある。構成は普通、雄だけで、雌がこれに飛び入り雄と交尾することが観察されているので、生殖のための行動といわれているが、雌だけの群飛や1種類だけでない場合もある。蚊柱ができるのは夕暮れ、夜明けが多いが、種類と天候により日中にもできる。双翅類以外でも蚊柱と同じ現象が、カゲロウ、トビケラ、カワゲラ、クビナガカメムシなどでみられる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蚊柱の関連キーワードびわこ虫西山宗因ガーグル過栄養湖夕暮れ木陰揺蚊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蚊柱の関連情報