コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩島松南 ましま しょうなん

美術人名辞典の解説

摩島松南

江戸後期の儒者。京都生。名は弘、字は子毅・助太郎と称す。若槻幾斎に学ぶ。書を能くした。天保10年(1839)歿、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

摩島松南 ましま-しょうなん

1791-1839 江戸時代後期の儒者。
寛政3年3月11日生まれ。京都の人。家は代々町医師。若槻幾斎(わかつき-きさい),猪飼敬所(いかい-けいしょ)にまなび,文化12年より講説を業とした。天保(てんぽう)10年4月29日(5月18日とも)死去。49歳。名は長弘。字(あざな)は子毅。通称は助太郎。著作に「興起詩集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

摩島松南 (ましましょうなん)

生年月日:1791年3月11日
江戸時代後期の儒者
1839年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

摩島松南の関連キーワード松本古堂仁科白谷生年月日山田翠雨天章慈英田中綏猷河村彊斎天章

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android