コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪飼敬所 いかい けいしょ

5件 の用語解説(猪飼敬所の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

猪飼敬所

江戸後期の儒者。近江生。名は彦博、幼名は安次郎、字は敬文。京都儒学の代表者。岩垣竜渓の門に入り、のち門人の教育にあたる。弘化2年(1845)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いがい‐けいしょ〔ゐがひ‐〕【猪飼敬所】

[1761~1845]江戸後期の儒学者。京都の人。名は彦博、字(あざな)は希文。経学を主とする折衷学派に属した。著「論孟考文」「孟子考文」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

猪飼敬所【いかいけいしょ】

江戸後期の儒学者,折衷学派。名は彦博。手島堵庵に心学を学び,のち薩【た】(さった)藁川(元雌),岩垣竜渓らの門に入る。京で学を講じた。晩年は伊勢(いせ)津藩に招かれ,同地で客死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪飼敬所 いかい-けいしょ

1761-1845 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦11年3月22日生まれ。手島堵庵(とあん)に心学をまなび,儒学に転じて古注学の岩垣竜渓の門にはいる。京都,淡路洲本(すもと),但馬(たじま)豊岡など各地で講説。天保(てんぽう)2年藤堂高猷(たかゆき)にまねかれて伊勢(いせ)津藩儒となる。弘化(こうか)2年11月10日死去。85歳。京都出身。名は彦博(よしひろ)。字(あざな)は文卿,希文。著作に「論孟考文」「管子補正」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猪飼敬所
いがいけいしょ
(1761―1845)

江戸後期の儒学者。古注学者とされる。名は彦博(よしひろ)、字(あざな)は文卿(ぶんけい)、敬所は号。初名は安治郎、通称は三郎右衛門。近江(おうみ)(滋賀県)の人。初め手島堵庵(てじまとあん)に就いて心学を修め、のち儒学に転じ、京都で講席を開いた。1836年(天保7)津藩(三重県)に招かれ、賓師(ひんし)として好遇された。弘化(こうか)2年11月10日、85歳で没した。朱子の新注を不満とし、四書を中心とする経典を古注で読み、さらに『史記』『漢書(かんじょ)』の史書から中国古代の思想家である諸子の書物まで広く窮め、『論孟(ろんもう)考文』『荀子(じゅんし)補遺』『管子補正』などの補注、校正の多くの書を著した。晩年まで心学派の道義的実践学を重んじていたが、古典の学究としての業績は中国の学者を抜いて今日にも有益なものが多く、自らもそれを誇りとしていた。[金谷 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪飼敬所の関連キーワード羅城磯田健斎小笠原長尭交寛美佐竹義祗三鍼関立志樗雲鶴賀鶴吉(初代)東為坊

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone