コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺沢 すりさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摺沢
すりさわ

岩手県南端,一関市北東部に位置する旧町域。 1940年町制施行。 1955年1町3村と合体して大東町に,2005年6市町村と合体して一関市となった。北上高地南部の丘陵地帯,砂鉄川中流域に位置し,今泉街道 (国道 343号線) の宿場町として栄えた。 1925年国鉄大船渡線がこの地を通るに及んで急速に発展。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摺沢
すりさわ

岩手県南部、一関(いちのせき)市の北東部にある地区。今泉街道の宿駅で、1925年(大正14)国鉄(現JR)大船渡(おおふなと)線の開通によって急速に発展した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

摺沢の関連キーワード大東(岩手県)佐藤 秀蔵大東[町]大東町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android